ノベルティとは?販促品やプレミアムとは明確な違いがある

企業のブランドイメージ向上や商品・サービスの販促などに高い効果を生み出すノベルティ。

しかし、無料配布するものとしてはノベルティ以外にも販促品や記念品・プレミアムといったものがあり、どのような違いがあるのか迷われる方も多いでしょう。

そこで今回は、それぞれのグッズの違いや、ノベルティ制作の際に覚えておきたいポイントなどについて解説します。

 

ノベルティとは

ノベルティとは、宣伝したい企業やブランドやサービスの名称やロゴをデザインとして印刷されているアイテムを無償で配布する戦略のことです。イベント会場のブースの前や自店舗の付近などで不特定の潜在的な顧客に対して配布したり、店舗内などで商品を購入した顧客におまけとして付けたりもします。他にも会員登録されている既存顧客に対して送付したりして、宣伝したり、認知を高めたり、イメージを向上させたりする戦略のことです。

既存顧客へのノベルティも潜在的な顧客へのノベルティも、どっちの場合でも、ノベルティを使った宣伝は、商品販売方法のひとつとして確立されていて、いろんな業態の大企業でも小さな規模の店舗やレストランでも、広く展開されています。

 

不特定に配布するノベルティは、ずっと手元にロゴの入ったアイテムを持ってもらって、潜在的に新たな顧客層にブランドやサービスを認知してもらうという効果を狙うことができます。既存顧客へのノベルティは、すでに気に入ってもらっている顧客層に、そのノベルティを生き生きと使ってもらって、インフルエンサーとしての役割を果たしてもらうという効果も期待でき、口コミでノベルティを通して新たな顧客獲得を目指すこともできる戦略になっているといえます。

 

ノベルティグッズやノベルティ品とは、その宣伝方法のために用いるアイテムのことです。最近では、定番のキーホルダーやうちわだけでなく、その企業やブランドをよく象徴されたようなアイテムも用いられることがあり、多様化しています。

ノベルティという言葉のもともとの意味には、珍しいものというニュアンスがあります。ですから、宣伝としてその企業やブランドをイメージとして脳裏にとどめておくことができるなら、大成功のノベルティ戦略をしたということになるでしょう。

 

ノベルティと似たような意味で使われる数多くの販売戦略があります。販促品・記念品・プレミアム・PR・プロモーション・景品・おまけといったワードは、ノベルティとどのような関係があるのでしょうか。それぞれの定義や違いについて解説していきます。

 

販促品とは?ノベルティとの違いは?

まず、販促品や販促物とはなんでしょうか。その名の通り、販売促進のためのグッズを活用する販売戦略です。ノベルティと同じように、宣伝する企業・ブランド・商品・サービスなどを広く認知してもらったり、よいイメージを持ってもらったりするために展開します。

 

ノベルティと販促品の異なる点は、販促品には、宣伝のために企業名・ブランド名・商品名・サービス名などの印字がされていないことがあるというところです。販売促進が目的ですから、宣伝という目的に限らず売り上げを伸ばすための戦略全体をさします。純粋に消費者を購入へと突き動かす動機となるものであればよいということになります。

 

例えば、来店してくれたことへの特典として、先着順に洗剤をプレゼントするという場合も、洗剤を販促品として使ったということになります。あるいは、商品の使い方に関連した販促品もあるでしょう。靴を買ってくれたらシュークリーナーをプレゼントするとか、本を購入してくれた顧客にブックカバーをプレゼントするという具合です。

 

必ずしも販促品には宣伝のための印字があるわけではないですが、ノベルティグッズには宣伝の使命がありますから、ロゴが入っていることなどのアイテムへのプリントがあることが、必須の条件であることがわかるでしょう。そのタイミングの販売だけでなく、ロゴなどを見返すたびに効果をじわじわと発揮してプロモーションをするのがノベルティなのです。

 

販売戦略という大きな枠で考えると、販促品の中にノベルティグッズも含まれていると考えてよいでしょう。

 

記念品・プレミアムとは?ノベルティとの違いは?

では、記念品やプレミアムとはなんでしょうか。ノベルティとどのように異なるのでしょうか。記念品は、不特定多数に向かって配布するものではなく、購入者やサービス利用者に対して、特典品としてプレゼントするグッズのことです。オープン記念や周年記念やイベントの景品などの特別なタイミングで、無料で配布します。それが欲しいために商品を購入したりサービス利用を開始したりするケースもあります。販促品の使い方のひとつともいえるでしょう。

 

プレミアムには、高級なという意味があります。購入してもらった商品にグッズを付けて、高級で上等なものにするという販促戦略のことです。プレミアムは、無料ではないことがあります。通常料金とは異なるプレミアム料金を設定して、通常価格の商品には付属しない特別仕様のグッズを付与することで差別化を図り、ロイヤリティの高い顧客層に向けて提供し、さらに満足度を高めることを目的としています。

 

プレミアムをプレミアと間違っていることも多く見受けられます。プレミアは映画や演劇の初日とか初演のことをあらわしますから、本来はプレミアムと全く意味が異なる言葉です。ですが、プレミアムのことをプレミアと略して言うことがあり、誤解のもととなってしまっています。本来は意味が違いますが、販売戦略の現場でプレミアと言っているなら、プレミアムのことだと理解するようにしましょう。

 

記念品やプレミアムを使った戦略をするなら、よく顧客層について研究し、どんなグッズを付けると大きな付加価値として気に入ってもらえるかを深く検討する必要があるでしょう。気に入らなければ、通常価格のものを買うことにするでしょう。

 

PR・プロモーションとは?ノベルティとの違いは?

販売の現場では、PRやプロモーションという言葉もよく使います。ノベルティも含めて、類似したような意味を持ちますがそれぞれの違いはなんでしょうか。

 

PRは、パブリックリレーションズの英語頭文字ですから、公共との関係性を高めるための戦略すべてを含みます。日本語で表現すると、広報という位置づけとして理解されています。企業やブランドの広報は、宣伝をすることも含まれますから、とても広い意味の販売のための戦略をあらわす言葉といえるでしょう。ノベルティは、PRの中の一部として位置づけできます。

 

プロモーションという言葉自体は、「前」という意味の「Pro」と、「動く」という意味の「Motion」に分けることができ、前に動くや前進するという意味を持ちます。マーケティングの現場で使うプロモーションは販売の前進つまり販売促進を意味しますから、プロモーションにはどのようにしてたくさん売ることができるかという、とても幅広い範囲の意味が含まれます。

 

また、セールスプロモーションという意味でプロモーションと言う場合があり、もう少し狭義の意味になります。セールスプロモーションは直接的な販売促進です。たとえば、サンプルや試供品を提供したり、価格を調整したり、クーポンやポイントを発行したりする方法です。間接的な販売促進である宣伝などのPRとは異なるアプローチで販売促進します。

 

ノベルティは、大きな意味のプロモーションの中のひとつの戦略ですが、セールスプロモーションではなく、PR戦略の一部であるという違いがあります。

 

景品・おまけとは?ノベルティとの違いは?

最後に、景品やおまけとノベルティの違いを解説しましょう。景品の意味は、購入してもらうために、商品やサービスに付随させる利益のことです。景品はグッズなどの物品である必要はなく、ポイントであったり、海外旅行の抽選権であったり、いろんな形態をとることができます。景品表示法では、景品の金額は取り引きする金額の20%未満であるべきことが決められています。

 

おまけの意味も、購入した商品やサービスとともに提供されるものです。おまけという表現を使うときは特に、お菓子の景品として付属するおもちゃなどを指すことが多いです。景品として付属するグッズの別の言い方としておまけという表現を使っているということです。また、量り売りで販売する商品で、量と価格を決定したあとに、サービスとして商品を少し増量してくれるという場合もおまけと言います。

 

おっ!と目を引くオリジナルノベルティを作るなら

次に、ノベルティ制作におけるポイントについてもまとめていきましょう。

はじめに意識しておきたいのは、誰に対して配布するものなのか?という点です。

社内向けなのか社外向けなのか、それとも不特定多数の人に向けてなのか−−ターゲット選定を詳細に行うことは、ノベルティ制作の成功率を左右するので、事前にしっかりと行ってください。

それが決まれば、おのずと制作目的についてもはっきりとしてきます。

おおまかな方向性が決まったら、次は肝心のデザインです。

一昔前であれば、商品の目新しささえあれば受け取った人に驚きを与えることができました。

しかし近年はノベルティの重要性も広まってきており、企業ロゴをプリントしただけでは人の目を引くことはできません。商品本体の魅力に依存するのではなく、ユニークなデザインで自社をアピールできるよう心がけましょう。

近年人気になっているノベルティの傾向を紹介します。

カレンダー

カレンダーはノベルティとしてとても効果が高いアイテムです。1年の間ずっと目につく位置に掲示されます。壁に大きく張り出すタイプもあれば、卓上にコンパクトに置いておくタイプもあります。

どちらのタイプにも、企業名・ブランド名・商品名・サービス名・ロゴなどを大きくプリントすることができます。ほぼ毎日目にしますし、予定を記入したりするときなどに近づいてまじまじと見るということもありますから、効果絶大です。年末に既存顧客に配布すると、たいてい喜ばれます。

毎年もらってリビングやオフィスの同じ場所に貼ってくれるというケースも多いでしょう。

 

タオル

定番ノベルティのひとつがタオルです。前面に名入れをすることができ、アピール効果はとても大きいです。数年のあいだ頻繁に使用してもらえるものですから、目に留まる回数も多いでしょう。コストも低価格で作成できるのも人気の理由のひとつといえるでしょう。

 

マグカップ

オフィスでも家庭でも使ってもらえるマグカップも定番のノベルティのひとつです。カラーデザインでアピールしたいポイントをしっかり印象付けることができます。いろんな形状のマグカップがノベルティ用で用意されていて、安価でたくさん作成することもできます。

 

モバイルバッテリー

近年普及率が増えてきたものをノベルティとすると、便利に使ってもらえる確率をより高く見込めることがあります。モバイルバッテリーも、価格がとても下がってきていて、ノベルティとしても使えるようになってきました。

小型でおしゃれなデザインが施されているモバイルバッテリーを使っている友人などがいると、気になってしまうものです。その方も欲しいと思ってもらえるようになると、ノベルティとしての効果も抜群であるといえるでしょう。

 

スマホリング

スマホは今ならほとんど誰もが持っているグッズです。みんなが肌身離さず持っているスマホの装飾品である、スマホリング。

大型化しているスマホを落とさないようにするために、女性を中心に多くのスマホユーザーが欲しがっています。電車の中や、仕事や学校でもちらっと見えるスマホリングに、まわりのひとたちもつい目を向けてしまうものです。

 

もらって嬉しいノベルティグッズは?

せっかくノベルティを制作するのであれば、もらって嬉しいノベルティを作りたいのは当然です。

すぐに捨てられるのではなく、使われるわけでもない物よりも、多くの人に使ってもらうことでノベルティとしても効果を発揮するかと思います。

当社で実施した「もらって嬉しいと感じたノベルティ」についてアンケート調査を行った結果がありますのでぜひ参考ください。

詳しくはこちら:【100人に聞いた】4割以上がペン!もらって嬉しいノベルティランキング

有名企業のノベルティの事例をおさえておく

有名企業でも、ノベルティを活用しており、有名企業ならではの工夫が見られます。

ノベルティは、単に渡すだけでなく、どういった気持ちになって欲しいかなどを考えつつ、目を引くものを制作できると、もらった方も印象が残り、本来のノベルティの価値が高まりますよね。

また、自社の商品やサービスと関連したノベルティであれば、その企業を連想しやすいはずです。ノベルティを渡す相手、そして自社の特徴を踏まえてノベルティ制作ができるとより良い内容になるに違いありません。

ノベルティを、提供する企業の商品やサービスとの関連性を考えて作成して、大きな反響を得ているというケースがあります。たとえば、ビールを販売する企業が、販売促進のためのノベルティグッズに、保冷バッグを付けたというケースがあります。缶ビールにぴったりの保冷バッグがあれば、お出かけの際に持っていきたくなること間違いなしです。バッグに特定の銘柄のビールがプリントされていれば、おのずと毎回購入してくれるビールはその銘柄のものとなることでしょう。

また、せっかく制作したノベルティが他社のものと被ってしまったといった残念なことがないように他社事例は調べるほうが良いですね。

詳しくはこちら:企業の特色を活かしたノベルティ事例紹介!デザインが秀逸!

 

今作るならスマホグッズもおすすめ

ノベルティの定番品としてはボールペンやカレンダー、クリアファイルなど、実用品が挙げられます。

しかし、こうした商品はオリジナリティが出しにくいというのが難点。そこに来て近年人気が高まってきているのがスマホグッズです。

ここまででもご紹介したように、今ノベルティグッズを作成するなら、スマホに関連したグッズにすることがおすすめです。販売する商品やサービスとスマホが直接関係ないとしても、スマホグッズのノベルティを検討できます。なぜなら、誰もがスマホを持っている時代で、それぞれのユーザーは、スマホのアクセサリで個性を出したいと思っています。

スマホリングは、デザインを施してロゴなどのPRをするためのスペースを大きく取ることができるアイテムです。使ってもらいたい側の意図と使う側の意図が合致したマーケティング効果抜群のノベルティとなること間違いなしです。

たとえばスマホケースやスマホリング(バンカーリング)などの商品は、自社の個性を思う存分発揮できるということでノベルティとの相性も抜群です。

素材も豊富で、かつさまざまな機種に対応したスマホグッズ制作を受け付けてくれる業者も少なくありません。

中でもORIGINAL CASE FACTORYは、専属の担当者が提案・納品まで含めて一貫で対応してくれるので安心と言えるでしょう。

デザインの自由度も高いので、どのようなアイデアでも形にしてくれるはずです。貰った人が満足するノベルティの制作をしたいのであれば、ぜひ一度問い合わせてみてください。

ORIGINAL CASE FACTORYのオリジナルノベルティ・販促物の詳細はこちら(https://original-case-factory.com/novelty

 

まとめ

いかがでしたか?

販促物や記念品・プレミアムとノベルティは一見すると似たようなグッズに思えます。

しかし、その目的や意義を切り分けて考えることができれば、さらなる効果を生み出してくれるはずです。

これからノベルティ制作を行おうとお考えの方は、記事の後半でご紹介したようなポイントを踏まえ、すてきなオリジナルグッズを作ってください。

 

ABOUT BLOG

『オリジナルケースファクトリー』は、iPhoneやAndroidのスマートフォンケース・カバーを中心に、スマホリング・社員証入れ・Tシャツ・ハンドタオル・マグカップ等のオリジナルグッズを、小ロットから発注できるサービスです。

この「販促応援Blog』では、筆者がOEM運用やECサイトの運用経験を元に、オリジナルグッズ制作に関するリアルタイムな情報をお届けします。

デザイナーでありながら「私は、デザイナーではありません」をモットーに、「ビジネスマンの良きパートナー」を目指してサイト制作を担当しています。
好きな物は、海外ドラマとイチロー選手。

ファッションや可愛いものが大好き!毎月5冊以上のファッション誌を幅広く読み漁っています。
自分が「可愛い!」と思ったものをカタチにすべく、商品企画を担当しています。
商品を提供する立場でありながら、自分も買い物が大好き!
ユーザー目線での意見も発信していきたいと思います。

■サイトコンテンツ

・ご利用方法

・スマホケース事例集

・取扱い商品について

・対応機種

■about us

■お問い合わせ

▽電話番号
TEL:048-290-5111
(10:00~18:00 平日のみ)
エクセルタム川口工場内
オリジナルケースファクトリー
お問い合わせ窓口

▽お問い合わせフォーム
もしくは<こちらから>お問い合わせください。