【事例】川崎フロンターレのグッズ担当者様に聞く|オリジナスマホケースの取組み例

いよいよ佳境に入って来た今年のJリーグ。  贔屓のチームの応援にも熱が入りますね!

オフィシャルグッズの販促担当者さんにとってもラストスパートではないでしょうか?

OCFでオリジナルのスマホケースを作成されたクライアント様の実例をご紹介するシリーズ、  第3弾は川崎フロンターレのオフィシャルショップ「アズーロ・ネロ」さんのインタビューです(^^)

 

【1】サポーターの意見に応えたい

スポーツ界らしく、快活で爽やかな印象の担当者さま。  サポーターの期待に真摯に応える姿勢が伺えます。

Q. オリジナルグッズ作りでの問題や課題は?

フロンターレのサポーターは新しいもの好きで、店頭でもたくさん意見をくれるので、  その声に応えられる商品を提供することが日々の課題です。

「どうしたらサポーターの期待に応えられるのか? 」  いつもスタッフで話し合いながら事業を推進しています。

 

【2】色んな機種に対応してほしい、という意見に応えられた

Q. オリジナルケースファクトリー(以下OCF)を利用することで、  それらの問題は解決できましたか?

サポーターから「色んな機種に対応してほしい」という意見をもらっていたのですが、  OCFは富士通のARROWS始め、iPhone、Xperiaなど様々な機種に対応していたので、  サポーターの要望に応えることができました。

そうなのです、OCFではiPhoneだけでなく色んなAndoroid機種にも対応しているのです(^^)

また、小ロットで発注できるので、全選手の背番号のケースだって作成可能なんです!

 

【3】お互いに意見を出し合いながら商品を作っていく

実は、OCFの営業担当「いまむー」こと今村もサッカー部出身でだったりします。  もちろん贔屓チームはフロンターレです。

サッカーを愛する者同士として、ガッツリ意見を出し合いながら、商品作りを進めているようです。

Q. オリジナルケースファクトリーに期待することは?

サポーターからもまだまだ意見をもらっているので  今あるケース以外にも対応していきたいと思うし、  スマートフォンケース以外の商材なども  お互いに意見を出し合いながらやっていきたいですね。

Q. 営業の対応はどうですか?

フロンターレの試合にも実際来ていただいて  試合、グッズ含め、色々なところを見ていただいています。

ショップにも何度も足を運んでくれて 、実際に商品に触ってもらったり  色々な対話をしてご提案も頂いているので、  引き続きお願いしたいな、と思っています!

 

【4】満足度は、期待を込めて70%

Q.  最後に、オリジナルケースの満足度は?

期待を込めて70%ですね。  フロンターレとしても改善していくこと、求められていくことはまだまだあると思うので  そういった課題を1つ1つクリアしていただけたら、と思っています。

最後までストイックで真摯な姿勢のご担当さま。  貴重なご意見をありがとうございました!

 

【5】マーケティングに強い会社のオリジナルグッズ

(左からミラー付きケース、クリアケース、手帳型ケース)

いかがでしたか?

私たちは、ただオリジナルグッズを作成するだけではありません。  オリジナルケースファクトリーを運営するのはマーケティングに強い株式会社ベーシック

様々なサービスの運営経験から、より売れる商品、効率の良い進め方などをご提案し、  お客様の頼れるパートナーとして一緒に課題を解決して行きます!

★お問い合わせ・発注はこちら★


TEL:048-290-5111
(10:00~18:00 平日のみ)