企業の特色を活かしたノベルティ事例紹介!デザインが秀逸!

有名企業のノベルティグッズには、制作のヒントが数多く隠されています。現在、自社ノベルティの制作担当を任されたという方は、ぜひともチェックしておきたいところ。そこで今回は、Googleやワコール、ソニー・インタラクティブエンタテインメントといった企業がこれまでに配布した魅力的なノベルティ事例の数々をご紹介。いずれも、企業独自の特色と秀逸なデザインが特徴のアイテムとなっていますので、ぜひチェックしてみてください。

Googleのノベルティ~シンプルだけど存在感有

誰もがお世話になった経験を持つ企業と言えば、やはりGoogleでしょう。“検索”という一見すると簡単な作業に大きな付加価値を付け、今や時価総額トップクラスの常連。また、近年はGoogle検索以外にもYouTubneをはじめとしたさまざまなサービスを提供しています。

 

「Googleなしでは生きていけない……」そんな人が後を絶たないほど、多くのファンを持つ同社が出したノベルティは、やはり特別な意味を持ちます。パッと見は非常にシンプルなカレンダー。しかしそこにGoogleのロゴと定番カラーの組み合わせがレイアウトされるだけで存在感場抜群です。

 

その他にも、マウスやUSBハブといった実用性重視のアイテムが2014年には配られたのだとか。ビビッドな色合いのシンプルな小物ではありますが、同社の卓越したブランディングが合わさると、ここまで魅力的になるのですね。持っていることを自慢したくなる−−これもノベルティの持つ力のひとつです。

ワコールのノベルティ~女性向けらしい華やかさ

下着メーカーとして多くの女性からの支持を集めるワコール。そのプロダクトの華やかさは、同社のノベルティにも反映されています。

 

2014年に購入者向けプレゼントとして配布された「オルオリガミ」には、ワコールを代表するヒット商品LALAN「リボンブラ」と同じ2種類柄が採用されました。同封された説明書の中には、7種類の折り紙の折り方が書かれた冊子が入っています。

 

ノベルティを受け取った人は自分が好きな柄の折り紙がもらえて、自由に自分の好きな楽しみ方ができます。LALAN「リボンブラ」というヒット商品を生み出し、その華やかな柄に多くのファンを集めたワコールならではのノベルティと言えるでしょう。また、友人や親子と一緒に遊べるコミュニケーションツールとしても優れています。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントのノベルティ~ゲーム好きにはたまらない

ノベルティという呼び名が使われる以前から、多くの企業で販促物として使われてきた"うちわ"。夏が近づくにつれて手に取ってくれる人も増え、PR効果は抜群。しかもそれを持ち歩いてくれることで、受け取ってくれた方が無料の宣伝マンになってくれるのもうれしいポイントです。

 

一方、紙製やプラスチック製のうちわというのはかさばるのが難点。もらったその日は持ち歩きますが、大抵は家に置き去りにされるか捨てられてしまいます。これではせっかくのノベルティの意味がありません。そこでおすすめなのが折りたたみ式うちわです。使わないときはコンパクトに収納できるので、長く使ってくれる方も増えるはずです。

ふにふにしてストレス解消!ストレスリリーサー

AV機器から家電に至るまで、幅広い製品を世に送り出し続けているSONY。そのフループ傘下にいるソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PlayStationなどのゲーム機開発・製図・販売などを手掛ける世界的な企業です。

 

そんな同社がTOKYO GAME SHOW 2016において配布したのがUSBケーブルでした。文字だけで見るとなんてことないノベルティでしょう。しかし、そのデザインが「ゲーム好きにたまらない」ということでちょっとした話題になりました。

 

仕掛けがあるのはmicroUSB側の端子カバー。十字にかたどられたそれぞれの表面には○×□△の記号が。そうです、これは同社のゲーム機PlayStationのコントローラーがモチーフとなっているのです。USBケーブルのノベルティというのはよくあるアイデアですが、こうしたデザイン面での仕掛けがあると、もらった側にも強い印象が残るでしょう。もちろん実用性も高いので、インパクトだけではないというのもポイントです。

まとめ

いかがでしたか? 今回ご紹介したのは、いずれもブランド力が高く、かつ工夫によってより価値の高いノベルティを制作している企業の事例です。シンプルなものからちょっと小粋なものまでさまざまですが、どれもターゲットとしているユーザーがもらってうれしいものばかりでした。それぞれの企業が自社の強みやカラーをしっかり把握し、それを活かす努力をした結果であると言えるでしょう。

 

しかし「いきなりこんなクオリティのものを作るのは難しい」とお考えの方も多いでしょう。そんなときには、ノベルティ制作会社に相談をしてみるのがおすすめです。これまでにさまざまなアイテムを制作してきた業者だからこそ持っているノウハウを使えば、デザイン面で引けを取らないノベルティが作れるでしょう。

 

たとえば、ORIGINAL CASE FACTORY (https://original-case-factory.com/novelty)の場合は、専任の営業担当者が受注から提案・納品まで手厚いサポートを行ってくれます。デザインから依頼することもできるので、打ち合わせの中で自分の会社にどのような特徴や強みがあるのかを存分に伝えてみましょう。それぞれに合わせた適確な提案をしてくれるはずです。

 

これからはじめてノベルティグッズを作るという方は、こうしたサポート体制がしっかりと整った業者に相談してみてください。

ABOUT BLOG

『オリジナルケースファクトリー』は、iPhoneやAndroidのスマートフォンケース・カバーを中心に、モバイルバッテリー・社員証入れ、Tシャツ・ハンドタオル・マグカップ等のオリジナルグッズを、小ロットから発注できるサービスです。

この「販促応援Blog』では、筆者がOEM運用やECサイトの運用経験を元に、オリジナルグッズ制作に関するリアルタイムな情報をお届けします。

デザイナーでありながら「私は、デザイナーではありません」をモットーに、「ビジネスマンの良きパートナー」を目指してサイト制作を担当しています。
好きな物は、海外ドラマとイチロー選手。

ファッションや可愛いものが大好き!毎月5冊以上のファッション誌を幅広く読み漁っています。
自分が「可愛い!」と思ったものをカタチにすべく、商品企画を担当しています。
商品を提供する立場でありながら、自分も買い物が大好き!
ユーザー目線での意見も発信していきたいと思います。

■サイトコンテンツ

・ご利用方法

・スマホケース事例集

・取扱い商品について

・対応機種

■about us

■お問い合わせ

▽電話番号
TEL:048-290-5111
(10:00~18:00 平日のみ)
有限会社エクセル・タム
オリジナルケースファクトリー
お問い合わせ窓口

▽お問い合わせフォーム
もしくは<こちらから>お問い合わせください。

この内容で送信します。よろしいですか?