「ノベルティ」も展示会の明暗を分ける1つの要素です!

展示会でなかなかブースへ足を運んでもらえず、販促効果を実感しにくかったことがないでしょうか? ライバル企業が多く、顧客にインパクトを与えるのが難しい中、展示会の明暗を分けるのが「ノベルティ」の配布です。こちらでは、展示会でほかの企業よりも目立つために活用できる、オリジナル記念品についてお伝えします。

ライバルだらけの展示会で目立つためには

展示会を成功させるためには、ブースの設営だけでなく、そこで配布する記念品も重視しておきましょう。展示会には多数のブースがあるため、その中で顧客からの注目を集めるためには、それなりに特別な工夫をしなければなりません。ただでブースへ足を運んでもらえるとは限らないため、顧客側にメリットを感じさせる仕組みが必要となります。そこで役立つのが、もらってうれしい「ノベルティ」です。

展示会で配布されるノベルティとは、企業の名前やロゴが入ったグッズのことを指します。たとえば顧客がブースを訪れたり、アンケートに回答したりすると、無料でノベルティが配布されます。展示会を訪れる顧客の中には、これらのノベルティを目当てにしている方が少なくありません。魅力的なノベルティを用意しておくことで、ライバルの多い展示会でも、より集客がしやすくなるのです。

ライバルだらけの展示会で目立つためには

展示会を成功させるためには、ブースの設営だけでなく、そこで配布する記念品も重視しておきましょう。展示会には多数のブースがあるため、その中で顧客からの注目を集めるためには、それなりに特別な工夫をしなければなりません。ただでブースへ足を運んでもらえるとは限らないため、顧客側にメリットを感じさせる仕組みが必要となります。そこで役立つのが、もらってうれしい「ノベルティ」です。

展示会で配布されるノベルティとは、企業の名前やロゴが入ったグッズのことを指します。たとえば顧客がブースを訪れたり、アンケートに回答したりすると、無料でノベルティが配布されます。展示会を訪れる顧客の中には、これらのノベルティを目当てにしている方が少なくありません。魅力的なノベルティを用意しておくことで、ライバルの多い展示会でも、より集客がしやすくなるのです。

展示会ではノベルティの出来も鍵を握っている

ノベルティを配布すると、展示会から帰った顧客の手元に、自社の名前が残りやすくなります。パンフレットなどの書類は少し目を通しただけで捨てられてしまうかもしれませんが、ボールペンや付箋などのビジネスシーンでも使えるアイテムは、手元に置いて使い続けてもらえるのです。これらのノベルティがビジネスチャンスを生む可能性も考えられます。

したがって、展示会でノベルティを配布するときは、顧客のターゲットと利用シーンを分析して制作することが大切です。出来のいいノベルティほど顧客の手元に残り、より長く使用してもらうことができます。使いやすさに配慮して、受け取った方が利便性を感じるノベルティを作りましょう。

展示会で配布するノベルティは、持ち帰りやすいアイテムで、かつ誰もが使いやすいデザインであることが原則となります。ORIGINAL CASE FACTORY(https://original-case-factory.com/novelty)で制作できるアイテムは、いずれも展示会のノベルティに最適です。幅広い方に好まれるオリジナルの記念品を用意して、販促にお役立てください。

よくあるノベルティ:社名を入れたペンや付箋などの「文房具」

無料でもらえるノベルティですが、中には好みの問題などから、受け取ることに抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれません。また、展示会に参加しているほかの企業も文房具を配布していた場合、いくら実用的とはいえ似たようなアイテムは喜んで受け取ってもらえないケースが想定されます。

そんなときは、ちょっとしたお菓子や消耗品に自社の名前を入れたノベルティを配布してみましょう。食べたり使ったりすればなくなるアイテムなら、顧客の好みを気にする心配がありません。また、ほかの企業にはないユニークなアイデアを実現すれば、展示会でより強く印象に残ることも期待できます。

食べ物のノベルティには、ペットボトルのお水・スナック菓子・チョコレートなどのバリエーションがあります。展示会を見学して疲れた顧客にとっては、実用品よりもうれしいプレゼントとなれるかもしれません。企業のイメージアップのために、ぜひ食べ物のノベルティも検討してみてください。

よくあるノベルティ:自社の製品

自社の製品をノベルティとして配布する例も少なくありません。そもそも展示会のノベルティは、より自社を印象に残してもらうという目的から、なるべく自社の業務内容と関連性のあるアイテムを選ぶほうが好ましいと言われています。

その際は、通常販売されている商品とは異なるデザインを取り入れるなど、展示会の記念品としての役割を意識して制作しましょう。自社の社名やロゴマークを入れて、自慢の製品を直接顧客へ届けてみてください。

まとめ

展示会におけるノベルティの重要性や、よくあるノベルティの事例についてお伝えしました。ライバルの多い展示会では、いかに顧客の印象に残れるかが争点となります。受け取った方に喜んでいただけて、かつ自社のPRにつながるようなノベルティグッズを制作しましょう。 

参考:【100人に聞いた】4割以上がペン!もらって嬉しいノベルティランキング

ノベルティ/販促品 記事一覧

ABOUT BLOG

『オリジナルケースファクトリー』は、iPhoneやAndroidのスマートフォンケース・カバーを中心に、モバイルバッテリー・社員証入れ、Tシャツ・ハンドタオル・マグカップ等のオリジナルグッズを、小ロットから発注できるサービスです。

この「販促応援Blog』では、筆者がOEM運用やECサイトの運用経験を元に、オリジナルグッズ制作に関するリアルタイムな情報をお届けします。

デザイナーでありながら「私は、デザイナーではありません」をモットーに、「ビジネスマンの良きパートナー」を目指してサイト制作を担当しています。
好きな物は、海外ドラマとイチロー選手。

ファッションや可愛いものが大好き!毎月5冊以上のファッション誌を幅広く読み漁っています。
自分が「可愛い!」と思ったものをカタチにすべく、商品企画を担当しています。
商品を提供する立場でありながら、自分も買い物が大好き!
ユーザー目線での意見も発信していきたいと思います。

■サイトコンテンツ

・ご利用方法

・スマホケース事例集

・取扱い商品について

・対応機種

■about us

■お問い合わせ

▽電話番号
TEL:048-290-5111
(10:00~18:00 平日のみ)
エクセルタム川口工場内
オリジナルケースファクトリー
お問い合わせ窓口

▽お問い合わせフォーム
もしくは<こちらから>お問い合わせください。

この内容で送信します。よろしいですか?