ノベルティの効果を考察!効果を得るために必要な数も検証しよう

効果を考察

企業のイベントやセミナー、展示会などで配られることの多いノベルティグッズ。受け取ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。

実は、ノベルティグッズは不特定多数の方へ配っているわけではなく、明確な目的のもと定めたターゲットへ配布されています。

ノベルティ配布による効果にはどのようなものがあるのでしょうか?

ノベルティが生み出す効果について考えてみましょう。

ノベルティの3つの効果

ノベルティの配布により、大きく3つの効果が期待できます。

認知度の向上効果

一般的にノベルティは“宣伝”を目的としており、まず期待できるのが認知度の向上効果です。

企業名やサービス名、商品名などを印刷したノベルティグッズを配布し、活用してもらうことによって、名前を広く宣伝することができます。

配布したノベルティを幅広いシーンで使ってもらえると、多くの人の目にとまりさらなる効果が期待できます。

そのためノベルティの効果を最大限に生かすには、オフィス内や自宅内だけにとどまらず、“外出先でも使える実用性のあるグッズ”を選ぶことが重要です。

競合他社との差別化

ノベルティの配布は、競合他社との差別化にも効果があります。

たとえば、展示会で自社ブースへ呼び込む際、ノベルティの配布によって集客効果が見込めます。

もちろん新規顧客だけでなく、既存顧客への配布も有効です。既存顧客への配布は、自社からの心離れを防ぐといった効果が期待できます。

ユニークさをアピールすると営業ツールにも

配布するノベルティグッズにこだわると営業効果も期待できます。

ユニークであれば会話のきっかけにもなり、うまくいくと商談へ結びつけるチャンスにもなるでしょう。

営業効果を高めるためにも、ノベルティグッズは用意しておきたいツールのひとつです。

効果を生み出すためにはどれくらい用意するべき?

ノベルティの効果を得るためには、どれくらいの数を用意できるといいのでしょうか。

予算には限りがあるため、できるだけ効率のいい数を制作したいところでしょう。

ここで指針となるのが、“仮説検証”です。

仮説検証とは、設定した仮説に対し、事実はどうだったかという検証を行う分析手法です。

たとえば、見込み客を50名集めたい場合に置き換えてみましょう。

まず「ノベルティを何名に配布したとき、何名が見込み客になるか」という仮説を立てます。

10名に配布して、そのうち1名が見込み客になってくれるという仮説を立てたとき、500個あれば50名獲得できると推測できます。

つまり、この場合は500個ノベルティを用意することになります。

実際にノベルティを配布して、結果が出たあとは、仮説と事実にどれくらいの誤差があったかを分析しましょう。

仮説と検証を繰り返すことによって、仮説の精度が向上し、より効率よく、効果を出せる必要数を算出できるようになります。

効果を出すノベルティ制作ならオリジナルケースファクトリーへ

ノベルティの効果と、効果を生み出すための方法についてご紹介しました。

効果的なノベルティにするには、実用性が第一です。

オリジナルケースファクトリーで制作できるノベルティグッズは、スマホケーススマホリングパスケースなど、実用性の高いグッズを多数取り揃えております。

オリジナルデザインを印刷することによって、オリジナリティもアピールできるため、さらなる効果が期待できます。

1個からの小ロットのほか、500個を超える大量発注も承っております。

ノベルティグッズの制作はぜひオリジナルケースファクトリーへご相談ください。

\高品質・低価格・短納期/
オリジナルスマホリングを
小ロットから制作可能!
オリジナルグッズ・ノベルティグッズの制作は
お気軽にご相談ください。