スマホケースの素材はどれがいい?各素材のメリット・デメリット

オリジナルのスマホケースを作る時、様々な素材があることに気づいて迷ってしまう方も多いでしょう。

 

適切な素材を選ばないと、仕上がりや実際にスマホに付けたときの操作性に満足いかない結果になるかもしれません。

 

今回は代表的な素材の特徴・メリット・デメリットを解説するので、素材選びに役立ててください。

 

大きく分けてハードタイプとソフトタイプがある

スマホケースを大きく2種類に分けると、ハードタイプとソフトタイプがあります。

 

ハードタイプの特徴としては、しっかりとした手触りで硬いという点があります。

印刷がきれいに仕上がるのもメリットなので、こだわりのデザインできれいなケースを作りたい人に魅力的です。

 

一方のソフトタイプは、柔らかくて手触りも滑らかなのが特徴です。

触り心地が良く、長時間スマホを触っていても疲れにくいです。

 

プラスチック(ポリカーボネート)素材

プラスチックの中でも、ポリカーボネートはハードタイプの代表格ともいえる存在です。

 

ポリカーボネートの特徴

全面印刷ができて仕上がりもきれいです。

 

メジャーで量産しやすい素材のため、比較的安価でオーダーできます。

 

ポリカーボネートを使ったスマホケースは見た目が鮮やかで、カラフルなスマホケースを作りたい人には魅力的です。

 

ポリカーボネートのメリット

見た目のメリットとしては、高級感のある仕上がりになり、マットタイプならツヤ無し加工もできる点が挙げられます。

 

加工方法を選べるので、様々なバリエーションのスマホケースを制作できます。

 

また軽くて薄いので、スマホに取り付けても操作性は気になりません。 

 

ポリカーボネートのデメリット

落とすと地面との衝撃で破損する可能性があります。

 

スマホを落としてしまい、ケースが割れてしまった人も多いでしょう。

 

硬い素材ではありますが、薬品に溶けてしまうことがあります。

 

シリコン素材

シリコンはソフトタイプを代表する柔らかい素材です。

シリコンの特徴

耐熱性・耐寒性・撥水性もある素材です。

 

スマホケース以外にも様々な製品で使われていて汎用性が高く、価格も安めです。

 

シリコンのメリット

素材が柔らかいので落とした時の衝撃を吸収してくれます。

ハードタイプと違い、落として地面とぶつかっても破損する可能性は低いです。

 

スマホ本体に脱着しやすく、手で持った時のグリップ感も良いので、そもそも落としてしまう確率もハードタイプより低くなります。

 

シリコンのデメリット

比較的ホコリが付きやすい素材で、使用を続けていると付着した汚れが気になってしまうことが多いです。

 

黄ばみも発生しやすいので、さらに見た目が良くなくなることもあります。

見た目をきれいに保つため、こまめな掃除が欠かせません。

 

ケースの制作では、ハードタイプよりも対応している業者が少ないのもデメリットです。

 

TPU(熱可塑性ポリウレタン)素材

ハードタイプとソフトタイプのそれぞれのメリットを兼ね備えているのがTPUです。

 

TPUの特徴

TPUは熱可塑性(ねつかそせい)ポリウレタンというプラスチック素材の一種です。

 

熱可塑性とは、一定の温度まで上げると柔らかくなって加工しやすくなり、冷やすと固まるという性質のことを指します。

 

この特徴から、TPUは加工しやすく量産も可能です。

 

TPUもシリコンと同じく汎用性の高い素材で、スポーツシューズの靴底やカートのキャスターなど様々な分野で用いられています。

 

TPUのメリット

ポリカーボネートよりも柔軟性があり、シリコンよりは硬さがあるので、素材の強さという面でバランスが取れているのが大きなメリットです。

スマホケースとして加工しやすく、落とした時の衝撃にも強いです。

 

一方で柔軟性もあるため壊れにくく、プラスチックとシリコンの弱点を相互補強した素材です。

 

TPUのデメリット

素材として優れているTPUですが、耐熱性は低いです。

 

また、新しい素材なので、TPUに対応できる事業者には限りがあります。

 

制作を依頼するなら、TPUに関する知識・ノウハウがあり、製作実績が豊富な事業者を選ぶことがおすすめです。

 

最適な素材のスマホケースを作るならOCFがおすすめ

納得のできるクオリティのスマホケースを作りたいなら、OCF(オリジナルケースファクトリー)がおすすめです。

 

創業30年の独自の印刷ノウハウがあり、ケース制作で色々なアドバイス・提案をもらえます。

 

スマホケースの素材にTPUも対応出来るので、丈夫で見た目も良いスマホケースの制作が可能です。
 

また本発注に入る前に、サンプルを用意してくれるので、仕上がりを事前に確認できます。

 

初回は100個から、2回目以降は1個から発注が可能です。

 

それぞれの素材の特徴を生かしたスマホケースを作ろう

スマホケースの代表的な素材について、長所・短所を解説しました。

それぞれの特徴を把握して、自分にとってメリットの多い素材を選びましょう。

 

オリジナルのスマホケースを制作するなら、印刷技術があり信頼できる依頼先で相談してみましょう。

 

スマホケース 記事一覧

ABOUT BLOG

『オリジナルケースファクトリー』は、iPhoneやAndroidのスマートフォンケース・カバーを中心に、モバイルバッテリー・社員証入れ、Tシャツ・ハンドタオル・マグカップ等のオリジナルグッズを、小ロットから発注できるサービスです。

この「販促応援Blog』では、筆者がOEM運用やECサイトの運用経験を元に、オリジナルグッズ制作に関するリアルタイムな情報をお届けします。

デザイナーでありながら「私は、デザイナーではありません」をモットーに、「ビジネスマンの良きパートナー」を目指してサイト制作を担当しています。
好きな物は、海外ドラマとイチロー選手。

ファッションや可愛いものが大好き!毎月5冊以上のファッション誌を幅広く読み漁っています。
自分が「可愛い!」と思ったものをカタチにすべく、商品企画を担当しています。
商品を提供する立場でありながら、自分も買い物が大好き!
ユーザー目線での意見も発信していきたいと思います。

■サイトコンテンツ

・ご利用方法

・スマホケース事例集

・取扱い商品について

・対応機種

■about us

■お問い合わせ

▽電話番号
TEL:048-290-5111
(10:00~18:00 平日のみ)
エクセルタム川口工場内
オリジナルケースファクトリー
お問い合わせ窓口

▽お問い合わせフォーム
もしくは<こちらから>お問い合わせください。

■営業日カレンダー

テキスタイルの注文はこちら