衝撃からスマホを守る!ハードケースとソフトケースのメリットを比較

オリジナルでスマホケースをつくろうとする場合、ハードケースとソフトケースのどちらをベースにしたらよいのか迷いますよね。

 

そこで本記事では、ハードケースとソフトケースのメリット・デメリットについてご紹介します。

 

衝撃に強い!スマホにハードケースを選ぶメリット・デメリット

まずは、ハードケースのメリット・デメリットについてご紹介しましょう。

 

ハードケースならスマホを衝撃から守れる

ハードケースはその名の通り、硬く強度があり衝撃に強いのが特徴です。

 

力を加えても曲がらないので、スマホを衝撃から守りたいと考える人はハードケースを選択することが多いでしょう。

 

ハードケースの素材は、ポリカーボネートというプラスチック樹脂で作られているものが多く見られます。

 

スマホケースをつけていないみたいにうすくて軽い

強度があるにもかかわらず、薄くて軽いのもハードケースのメリットです。

 

「薄くて軽いスマホにカバーをつけたら厚みが出て持ちにくくなってしまった」「ちょっとの違いなのにポケットに入れたらかさばるようになってしまった」

ということがほとんどありません。

 

スマホを衝撃から守れるだけでなく、手の小さな女性などでも持ちやすい薄さなのは嬉しいですよね。

 

ハードケースならプリントがキレイに仕上がる

硬さのあるポリカーボネートのハードケースは、デザインをプリント加工しやすいという特徴があります。

 

そのため、かっこいいものからかわいいものまで、豊富なデザインのハードケースが市販されています。

 

ユーザーにとってはたくさんのデザインの中から、自分の好みに合わせて選べるのはメリットといえるでしょう。

 

また、プリント加工のしやすさは、オリジナルでスマホケースを制作しようとする人にとってもメリットです。

 

加工しやすいということは、オリジナルケースもクオリティの高いものができるということです。

 

強すぎる衝撃では割れてしまう可能性がある

ハードケースのメリットを3つご紹介しましたが、ハードケースにはデメリットもあります。

 

力を加えても曲がらないハードケースの硬さが、場合によってはデメリットにもなります。

例えば、木材などの比較的に衝撃に弱い素材で作られたケースは、強い衝撃で割れてしまう可能性があります。

 

また、ハードケースの長期使用で経年劣化によって見えない箇所にヒビが入ってしまうと、衝撃に弱くなってしまうこともあります。

 

柔らかくてスマホが持ちやすい!ソフトケースのメリット・デメリット

次に、ソフトケースのメリット・デメリットについてご紹介します。

ソフトケースならスマホが滑りにくく持ちやすい

ハードケースに比べて、ソフトケースは力を加えるとグニャグニャと曲がるのが特徴です。

 

ソフトケースの素材は、シリコンやTPUといわれる熱可塑性ポリウレタンなどが多く見られます。

 

グリップが良くて手で持ちやすいだけでなく、スマホを机などに置いたときに滑りにくいというメリットがあります。

 

柔らかいのでソフトケース自体にも傷がつきにくい

シリコン素材は様々な形状に加工しやすい性質があります。

 

そのため、シリコン素材のスマホケースの場合、立体加工されたデザインのものが多く見られます。

 

ちょっとした凹凸のあるデザインから、スマホのかたちから大きく飛び出たキャラクターやウサギの耳などがついた巨大ケースまで、バリエーション豊富なデザインのものが見られます。

 

滑りにくさはカバンから出しにくいというデメリットにもなる

ソフトケースのメリットでもある滑りにくさ。

しかし、周りのものと強くスレてカバンから出しにくくなるなど、場合によってはデメリットになることがあります。

 

また、静電気によってホコリがつきやすかったり、柔らかいがゆえにスマホからケースが外れてしまったりすることもあるので注意が必要です。

 

オリジナルのスマホケースを作るならハードケースがおすすめ

ハードケースとソフトケースのメリット・デメリットをご紹介しましたが、オリジナルでスマホケースを作る場合は、ハードケースがおすすめです。

 

その理由を解説していきます。

 

ハードケースならおしゃれでかわいいデザインができる

前述の通り、ハードケースはプリントがしやすく仕上がりもキレイです。

 

全面プリントもできて、誰でも簡単にクオリティの高いオリジナルスマホケース制作が可能です。

 

かっこいいものから、おしゃれでかわいいものまで、さまざまなデザインのスマホケースを作ることができるでしょう。

 

ポリカーボネートのハードケースならコストも安い

オリジナルでスマホケースを作る場合、加工しやすくてコストの安いポリカーボネート素材のハードケースがベースになるのが一般的です。

 

ケース自体のコストが抑えられる分、作る数を増やしてみたり、デザインに凝ってみたりするのも良いでしょう。

 

質の良いオリジナルケースを作るならOCFがおすすめ

プリントがキレイにできるポリカーボネート素材を選んでも、印刷する技術が高くなければクオリティの高いものはできません。

 

そのためオリジナルでスマホケースを作る時には、印刷技術に定評のあるOCF(オリジナルケースファクトリー)をおすすめします。

 

OCFなら、「iPhone 8 Plus」のような通常よりもサイズの大きなスマホでも対応してくれます。

 

また、手帳型ケースやミラー付きケースなど、ハードケースに限らず幅広く対応していますので、まずは制作したいスマホケースのイメージをOCFの担当者に相談してみるのも良いでしょう。

 

OCFでおしゃれなスマホのオリジナルハードケースをつくろう!

スマホのハードケースとソフトケースそれぞれのメリット・デメリットはご理解いただけたでしょうか?

 

ハードケースとソフトケースを比べた場合、ハードケースがおすすめだとお伝えしましたが、「デザイン」「手触り」「重視するポイント」によって最適なスマホケースは異なります。

 

信頼できる依頼先を見つけ、イメージを伝えながらスマホケース制作を進めてみましょう。

 

そのほかのスマホケース、お問い合わせ・お見積もりはこちら
original case factory
OCF編集部
OCF(オリジナルケースファクトリー)を運営するのは、オリジナルグッズ・ノベルティグッズの製作を低価格・高品質・短納期で実現する有限会社エクセル・タム。OCF編集部では、ECサイトやイベントなどの物販企画に関するお役立ち情報を随時お届けします。 オリジナルグッズ・ノベルティグッズの製作をご検討中の方は必見です。

全面印刷スマホケース
記事一覧


関連記事


人気の記事


タグ一覧

■サイトコンテンツ

・ご利用方法

・スマホケース事例集

・取扱い商品について

・対応機種

■about us

■お問い合わせ

▽電話番号
TEL:048-290-5111
(10:00~18:00 平日のみ)
エクセルタム川口工場内
オリジナルケースファクトリー
お問い合わせ窓口

▽お問い合わせフォーム
もしくは<こちらから>お問い合わせください。

■営業日カレンダー

テキスタイルの注文はこちら