グリッターケースに気泡が!? 原因と対処法を紹介

キラキラのラメが揺らめいて、女性らしい華やかさを演出してくれるグリッターケース。ゆっくりと動くキラキラを眺めていると思わず時間を忘れてしまいます。

しかし、そんなグリッターケースにもひとつ欠点があります。それは、「ケースに気泡が入ってしまう」こと。

グリッターケースを取り扱っているECサイト運営者さまのなかには、お客さまから「どうして気泡が入るの?」「放置して大丈夫?」などのお問合せを受けたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、グリッターケースの気泡が入る原因と対処法について解説します。

まずはグリッターケースの基本をおさらい

グリッターケースとは、クリア素材のスマホケースの中に特殊なオイルが満たされ、スマホの動きに合わせてグリッターやラメがゆらゆらときらめく華やかなスマホケースです。

デザインを工夫することでさまざまな演出ができるため、おしゃれに敏感な方に人気の高いアイテムといえます。スマホケースを取扱っている事業者様の中でも、グリッターケースを展開されているケースは多いでしょう。

なぜ気泡が入るの? 原因と対処法

グリッターケースの気泡ができる原因は“温度”です。暑い日の日中や、冬場の暖房器具、端末本体の温度上昇などで発生するといわれています。商品の品質に問題があるわけではありません。まれに製造工程で気泡が入ってしまうケースはあるものの、気泡自体に害はありません。

しかし、注意が必要なケースもあります。
たとえば、グリッターケースが衝撃を受け、ヒビが入って気泡ができているケースです。ヒビが入ったグリッターケースは、液漏れや破損の原因になるため使用を控えましょう。

グリッターケースの気泡を消す方法

たとえ害がなくても、グリッターケースに入ってしまった気泡が気になる方も多いでしょう。

気泡を消す方法として、破損などがないのに気泡ができた場合は、まずケースを冷やしてみることをおすすめします。

グリッターケースの気泡の原因は主に温度です。気体は熱が加えられると膨張し、冷やすと収縮します。そのため、気泡を消すならグリッターケースを冷やすことが効果的といわれています。冷蔵庫に入れて冷やすなどの方法を促してみましょう。

気泡を作らない方法

気泡を作らないためには、グリッターケースを熱しすぎないよう、あらかじめ注意喚起することも大切です。
熱はさまざまなシーンで発生します。気温に気をつけることはもちろん、直射日光にも注意が必要です。また、スマホを使用しながらドライヤーをかけたり、浴室に持ち込んで使用したりすることも温度上昇の原因になります。ヒビが入ってしまった場合の使用中止と併せて、注意喚起を行いましょう。

まとめ

おしゃれな見た目から、人気の高いグリッターケース。
グリッターケースは温度の上昇が原因で気泡が発生することがありますが、気泡自体に害はありません。気泡を消す方法として手軽なのは、冷蔵庫で冷やすという方法です。

一方で、日常的にグリッターケースの温度が上昇しないよう心がけることも大切です。
本記事を参考に、ユーザーへの注意喚起を促してみてはいかがでしょうか。

なお、オリジナルケースファクトリーでは、オリジナルデザインのグリッターケース作成を承っております。ベースのスマホケースはインクジェット印刷でプリントするため、メリハリのあるくっきりした表現から、グラデーションといった繊細な表現も可能です。もちろん写真をプリントすることもできます。

オリジナルケースファクトリーのラメは4種類、ラメのバリエーションとデザインの組み合わせで、世界でひとつだけのオリジナルグリッターケースの作成が可能です。

制作単価はご注文数量によるステージ制を採用していますので、複数のデザインがあっても変わりません。

このほか、手帳型スマホケースを始めとした各種スマホケースをご用意しております。ご興味がございましたら、お気軽にお問合せください。

\高品質・低価格・短納期/
オリジナルスマホケースを
小ロットから制作可能!
オリジナルグッズ・ノベルティグッズの制作は
お気軽にご相談ください。

OCF編集部
OCF(オリジナルケースファクトリー)を運営するのは、オリジナルグッズ・ノベルティグッズの製作を低価格・高品質・短納期で実現する有限会社エクセル・タム。OCF編集部では、ECサイトやイベントなどの物販企画に関するお役立ち情報を随時お届けします。 オリジナルグッズ・ノベルティグッズの製作をご検討中の方は必見です。