具体的に何がどう変わる?「iPhone X(iPhone8)」の最新噂まとめ

iPhone X(iPhone8)の情報が徐々にあらわになってきましたね。iPhoneユーザーの方は発表が待ち遠しいのではないでしょうか。

特に、iPhone 7/7 Plusを我慢し、iPhone X(iPhone8)を楽しみに待っている方も多いと思います。

そこで、今回は様々な噂が飛び交っている「iPhone X(iPhone8)」の情報を、

・デザイン面
・機能面
・その他商品情報

に分けてご紹介します!


そもそもいま話題になっている「iPhone X(iPhone8)」って?

引用元:9TO5Mac
参照元:iPhone Mania

そもそも2017年発売される「iPhone X(iPhone8)」ってそもそも何なのか?

iPhone 7/7 Plusの後継機種なのか、まだまだわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まずは「iPhone X」とは何なのか見ていきましょう。

まず、いま噂されている2017年の発表予定の商品は、大きく分けて3つあります。


・iPhone 7の後継機   「iPhone 7s」
・iPhone 7 plusの後継機「iPhone7s plus」
・全く新しいNEWモデル「iPhone 8」


いまいろいろと噂が拡がっているのは「iPhone X」。

これまでのiPhoneシリーズから大幅にチェンジ、かつiPhoneシリーズ10周年ということで、とても注目が集まっています。


iPhone X(iPhone8)の気になる外観デザイン

引用元:9TO5Mac
参照元:iPhone Mania

そんな気になるiPhone X(iPhone8)の外観デザインはこちら。

いま外観デザインの変更で噂されているのは、下記の3点。


・サイズ
・ディスプレイ(強化ガラスの採用)
・ステンレスボディ


まずサイズですが、iPhone 7 Plusより少し大きい「5.8インチ」だと言われています。

iPhone 7 Plusとほとんどサイズは変わらないと言われていますが、iPhoneのベゼル部分(ディスプレイ枠の部分)が薄くなり、その分ディスプレイ部分が大きくなっています。

iPhone 7 Plusとサイズがほとんど変わらず、ディスプレイが大きくなると、いままで以上に快適に閲覧できるので、とても良さそうです。

そのディスプレイは、強化ガラスが採用されるとのこと。よくiPhoneを落としてしまい、バキバキの画面のまま使用している人もちらほらいらっしゃいますが、そんな問題も軽減できそうです。

引用元:予約ゲット.com

一時期、SAMSUNGもGalaxyが対応した「曲線ディスプレイ」も採用されると言われていましたが、今回のiPhone X(iPhone8)ではまだ採用されないとのこと。

代わりに、有機EL(OLED)ディスプレイを搭載するとのこと。有機EL(OLED)は、バッテリーの消費が少ないことで有名なので、バッテリー持ちはかなり期待できそうです。

参照元:世界が期待するiPhone Xに関する「2つの残念なニュース」

外観ボディは今のところ、「ステンレスボディ」の採用の可能性が高いといわれています。

iPhone 7で強度が上がり、防水防塵性能が話題になりましたが、iPhone Xではさらに強化され、落下の衝撃にもさらに耐えれるスマホになるのではないでしょうか。


大きく変わるiPhone X(iPhone8)の機能

機能面において、大きく変わるポイントは下記の3つ。

・3Dスキャナー搭載
・高速充電対応のLightning端子搭載
・ホームボタンの廃止


3Dスキャナー搭載

引用元:MacRumors
参照元:iPhone Mania

iPhone X(iPhone8)には「3Dスキャナー」が搭載されるといわれていますが、3Dスキャナーが搭載されると具体的には何ができるのでしょうか。

よく言われているのが「顔認証」。例えば、顔認証は指紋認証よりセキュリティが高いと言われています。

また、3Dスキャナーは、対処物の位置と深さを認識することができるようになるので、靴のサイズなども測れるようになるのだそう。

ECショップなどでファッション系のモノを買う際、どうしてもサイズ感が問題になってくるので、3Dスキャナーが搭載されることによって、少しでもそういった問題が解決できるといいですね。

参照元:iPhone XはTouch IDに代わって3D顔認証を採用?JPMorgan予測


iPhone X(iPhone8)は高速充電のワイヤレス端子搭載

引用元:iPhone Mania

高速充電のワイヤレス端子搭載

iPhone X(iPhone8)のワイヤレス規格が噂され、充電方法もワイヤレスで可能になると言われていたが、今回のiPhone Xだと、実現の可能性は薄そう…。

引き続きLightningケーブルが採用される可能性が高いとのことですが、そのLightningケーブルが強化されるとのこと。

具体的には、「高速充電可能なLightningケーブル」になるとのこと。バッテリーの容量が大きくなると、どうしても充電スピードが遅くなってしまいます。

しかし充電する時間って結構限られている人も多いと思うんです。そんな中、短時間でフル充電できるのはやっぱりありがたいですよね。

一見地味なアップデートですが、iPhoneユーザーにとっては、嬉しいアップデートになりそうです。


ホームボタンの廃止とファンクションエリアの追加

引用元:IT Strike

そして「ホームボタンの廃止とファンクションエリアの追加」。

iPhone X(iPhone8)はホームボタンがなくなり、全面ディスプレイ化されたモデルになるといわれています。

その代わり、ディスプレイ下部に「ファンクションエリア」という新たな領域が搭載されると言われています。

まだ何ができるのか詳細は明らかになっていませんが、最新のMacbook Pro搭載されている「Touch Bar」の感覚に近いのかもしれません。

よりシームレスな操作が可能になるのかと思うと、今から待ち遠しい機能です…!


今後の気になる商品情報

調べれば調べるほど気になる「iPhone X(iPhone8)」ですが、生産開始が2017年の9月からといわれており、最短でも発売は10月になるといわれています…。

iPhone 7/7Plusは少し早い、7月に生産開始されるとのこと。

気になるiPhone Xの価格は、1000ドル(日本円にして約11万円)になるといわれており、ハイスペックな機種だけに、価格も相当高価になりそうです。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

最後に「iPhone X(iPhone8)」の情報をざっとおさらいしておきましょう。


▼デザイン面
・サイズ:5.8インチ
・ディスプレイ(強化ガラスの採用)
・ステンレスボディ

▼機能面
・3Dスキャナー搭載
・高速充電対応のLightning端子搭載
・ホームボタンの廃止

▼その他商品情報
・発売時期:少なくとも10月以降〜
・価格  :約11万円


最後に少し余談ではありますが、2017年のAppleのスプリングのイベントは、3月20日(月)、もしくは3月27日(月)だといわれています。

まだiPhone Xの情報は解禁される予定はまだなさそうですが、今後出てくる新しい情報を待ちながら、気長に待ちましょう!

参照元:iPhone8が入手困難になる理由 発売が10月以降になる可能性も


ABOUT BLOG

『オリジナルケースファクトリー』は、iPhoneやAndroidのスマートフォンケース・カバーを中心に、モバイルバッテリー・社員証入れ、Tシャツ・ハンドタオル・マグカップ等のオリジナルグッズを、小ロットから発注できるサービスです。

この「販促応援Blog』では、筆者がOEM運用やECサイトの運用経験を元に、オリジナルグッズ制作に関するリアルタイムな情報をお届けします。

デザイナーでありながら「私は、デザイナーではありません」をモットーに、「ビジネスマンの良きパートナー」を目指してサイト制作を担当しています。
好きな物は、海外ドラマとイチロー選手。

ファッションや可愛いものが大好き!毎月5冊以上のファッション誌を幅広く読み漁っています。
自分が「可愛い!」と思ったものをカタチにすべく、商品企画を担当しています。
商品を提供する立場でありながら、自分も買い物が大好き!
ユーザー目線での意見も発信していきたいと思います。

■サイトコンテンツ

・ご利用方法

・スマホケース事例集

・取扱い商品について

・対応機種

■about us

■お問い合わせ

▽電話番号
TEL:048-290-5111
(10:00~18:00 平日のみ)
有限会社エクセル・タム
オリジナルケースファクトリー
お問い合わせ窓口

▽お問い合わせフォーム
もしくは<こちらから>お問い合わせください。

この内容で送信します。よろしいですか?