【iPhone7】オリジナルのスマホケース作成時に知っておきたい!iPhone6との違い3つ

画像出典:Apple公式サイト

ついにiPhone7が発表されました…!iPhone7の外観はほぼ噂通りの仕様となりましたね。

それに伴いiPhone7用のスマホケースに買い替えなくてはなりませんよね。

今日はそんなグッズ担当者の方が知っておくべき、iPhone7のスマホケースの違いを3つご紹介したいと思います。


iPhone7はイヤホンジャック廃止、重さはさらに軽く

画像出典:Cooo.blue

iPhone7の噂が流れ始めた初期の頃から「イヤホンジャックの廃止」が囁かれていましたが、実際にイヤホンジャックがなくなり、よりスマートな形状になりましたね。

iPhone7本体の厚さがさらに薄くなるお話もありましたが、そこはiPhone6と同様の厚さに。重さはさらに軽くなりました。

iPhone6でも十分軽いのですが、さらに軽くなるとは驚きです...!

・iPhone6:143g → iPhone7:138g(-5g)
・iPhone6 Plus:192g → iPhone7 Plus:188g(-4g)

ひとつ心配なのが、薄いことでiPhone7自体の耐久性。

iPhone6/6 Plusが発売された当初、あまりの薄さに折れてしまう問題が多発していたことを考えると、やはりケース、もしくは落下防止の対策は必須ですね…。


iPhone7のカメラ穴は丸型、7 Plusは横長のデュアルカメラの搭載

画像出典:Apple公式サイト

こちらも噂通り、iPhone6のカメラから飛躍的に進化し、IPhone7はより大きい丸型のカメラ、iPhone7 Plusでは横長のデュアルカメラが搭載されました。

スマホケースの視点から見ると、iPhone7のカメラ穴の変更が一番大きな影響を与えるでしょう。実際の画像で見てみるとこのようになります。

カメラの性能が飛躍的に成長するのは間違いありませんが、一番大きく外観が変わる部分でもあるので、カメラの形による好みも分かれるでしょう。


iPhone7は新色のジェットブラックを含む2色が追加され、カラバリが豊富に

iPhone7からジェットブラック(光沢)ブラック(マット)の新色が追加されました。この新色が追加されたことで買い換えようと考えられてる方は多いのではないでしょうか。

特に今まで本当はブラックが欲しかったけど、仕方なく「スペースグレイ」を選択していた方も多いと思います。そんな方たちにとって新色の追加はとても嬉しい発表です。

OCFではiPhone本体のカラーを見せられる、透明素材のスマホクリアケースや、スマホリングなどのアイテムの需要が高まると予測しています。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

iPhone6から形状に大きな変更点はないものの、FeliCa(電子マネー)対応や防水防塵など、インパクトのある変更点が多かったですね。

iPhone6がよりブラッシュアップされた印象です。今から発売まで待ち遠しいです…!

グッズ担当者の方は、発売開始までにiPhone7のケースの変更点を抑え、iPhone7発売と同時にケースも販売できる体制を整えていきましょう。

オリジナルケースファクトリーでは9月1日(木)より、iPhone7用スマホケースの予約生産を開始しています。

ぜひお気軽にお問い合わせください!


★オリジナルスマホケースのお問い合わせ・ご注文は★


TEL:048-290-5111
(10:00~18:00 平日のみ)


\高品質・低価格・短納期/
オリジナルスマホケースを
小ロットから制作可能!
オリジナルグッズ・ノベルティグッズの制作は
お気軽にご相談ください。

\受注生産も可能!/

オリジナルiPhoneスマホケースの制作は、
オリジナルケースファクトリーへ!
全9タイプのiPhoneスマホケースを
ご用意しております。

\その他グッズもチェック!/


制作事例を見る


関連記事を読む


タグから記事を探す