待ってました!
iPhone 11シリーズのスペックを紹介!
スマホケース作成の参考に

iPhoneⅩの発売から2年。2019年9月20日に、“iPhone 11シリーズ”が発売されました。
「カメラが3つ?」「何が変わったの?」「新しい機能は?」など、知りたいことがたくさんありますよね。
この記事では、iPhone 11シリーズ“iPhone 11”、“iPhone 11 Pro”、“iPhone 11 Pro Max”のスペックについてご紹介します。
ぜひ、iPhone11用スマホケース作成の参考にしてくださいね。


iPhone 11シリーズの基本スペック

画像引用元:Apple

まずは、iPhone 11の基本的なスペックから。
 機種名 iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
サイズ 幅:75.7 mm

高さ:150.9 mm

厚さ:8.3 mm
幅:71.4 mm

高さ:144.0 mm

厚さ:8.1mm
幅:77.8 mm

高さ:158.0mm

厚さ:8.1mm
ディスプレイ 6.1インチ 5.8インチ 6.5インチ
重量 194g  188g  226g 
ストレージ 64GB

128GB

256GB
64GB

256GB

512GB
64GB

256GB

512GB
カメラ 広角、超広角のデュアルカメラ 広角、超広角、望遠のデュアルカメラ 広角、超広角、望遠のデュアルカメラ

ブラック
グリーン

イエロー

パープル

プロダクトレッド

ホワイト 

ゴールド

スペースグレイ

シルバー

ミッドナイトグリーン

ゴールド

スペースグレイ

シルバー

ミッドナイトグリーン

 

カメラの性能が大幅にアップ!

アウトカメラ、フロントカメラの性能が大幅にアップしました。
iPhone 11シリーズの特徴でもある3つのカメラは、それぞれ、広角レンズ・超広角レンズ・望遠レンズとなっています(望遠はProのみ)。

アウトカメラには広角レンズと超広角レンズで構成されるデュアルカメラシステムを搭載。
タップするだけで超広角レンズに簡単に切り替えられ、視野角120度のダイナミックな写真や動画を撮影できます。
超広角レンズなら、被写体との距離が近くても横が見切れてしまうことなく1枚の写真に収めることも可能。集合写真を撮るときなどに便利ですよね。
また、ナイトモード機能もあるため、夜景や暗い室内での撮影もキレイです。

フロントカメラの性能も12メガピクセルにグレードアップ!広角レンズになり、顔認証システムの“Face ID”の精度があがりました。より広い範囲と距離で認証されるようになったようです。
もちろん、動画の撮影もより強力になりました。3つのカメラが60fpsの4K動画、120fpsの動画、スローモーション撮影もできます。

防塵・耐水性もすごい!

画像引用元:Apple

日常生活を送っていると、スマホに水がかかってしまう可能性もあります。
iPhone 11の防水性能は、IEC規格60529にもとづくIP68等級。既出のiPhoneのなかでも最高ランクです。Apple社のホームページでは、iPhone 11は最大水深2メートルで最大30分間、iPhone 11 Pro・Maxは最大水深4メートルで最大30分間と公表されています。

豊富なカラー!

画像引用元:Apple

今回、iPhone 11は、ブラック・グリーン・イエロー・パープル・プロダクトレッド・ホワイトの6色展開。新色のグリーンとパープルは人気も高く、発売当時は出荷が遅れがちだったようです。
iPhone 11 Pro・Maxは、ゴールド・スペースグレイ・シルバー・ミッドナイトグリーンの4色展開。こちらの新色はミッドナイトグリーン。落ち着いた色に加え、背面ガラスがマットなテクスチャで高級感がある仕上がりです。


iPhone 11シリーズに合うスマホケースはどこで買えるの?

新しいスマホが販売されたら気になるのはスマホケース。本体と同時にケースを買い替える人も多いです。
気に入ったケースが見つからず、何もつけずに使用していたらスマホを落としてしまい、ディスプレイが割れてしまったという人も見かけますよね。
さらにiPhoneは以前と比べてサイズも大きくなっているため、手の小さい方や女性のなかには使いづらさを感じている人も。
しかしiPhone 11の発売やスペックについて発表があったのは2019年9月11日(日本時間)。まだ発売されて間もないiPhone 11シリーズに合うスマホケースは種類も少なく、選びたくても選べない状況です。

このような時期は、オリジナルグッズの作成がおすすめ!
スマホは性能アップもさることながら本体の価格も比例して高くなり、スマホを保護するケースの需要も高まっているため、商品としての販売やノベルティとしての作成に適しています。まだ種類が少ないiPhone 11シリーズのスマホケースは狙い目ではないでしょうか。


オリジナルスマホケースの作成はオリジナルケースファクトリーへ!

オリジナルケースファクトリーは、小ロットからの制作が可能です。一度に大量のグッズを作成するとなると、予算の問題があるほか在庫を抱えてしまうおそれもあります。
小ロットから作成することができれば、初回は少なめに作成し、売れ行きが多いものを追加で作成したり、複数のデザインを用意して人気があるものを増やしたりと、そのときの状況に応じた対応が可能です。

また、計画して予算をとったのはよいものの、納品までに何か月もかかってしまうと、トレンドから外れてしまうこともあります。オリジナルケースファクトリーは、数量にもよりますが納品までは最短で5営業日。正式発注の前に現品のサンプルを確認することも可能です。

まとめ

毎回新機種が発売されるたびに話題になるiPhone。
今回は前回のiPhoneⅩRの後継機という形で、あらゆる部分が大幅にグレードアップしているため、今後の伸びも期待できます。
iPhone 11をはじめとしたスマホケースやオリジナルグッズの作成はオリジナルケースファクトリーにぜひご相談ください!
\高品質・低価格・短納期/
オリジナルスマホケースを
小ロットから制作可能!
オリジナルグッズ・ノベルティグッズの制作は
お気軽にご相談ください。

OCF編集部
OCF(オリジナルケースファクトリー)を運営するのは、オリジナルグッズ・ノベルティグッズの製作を低価格・高品質・短納期で実現する有限会社エクセル・タム。OCF編集部では、ECサイトやイベントなどの物販企画に関するお役立ち情報を随時お届けします。 オリジナルグッズ・ノベルティグッズの製作をご検討中の方は必見です。