ソフトスマホケースの定番「TPU」とは?メリット・デメリットは?

ソフトタイプのスマホケースとして代表的な「TPU」。

 

身近な素材ながら、どんなものか分からないという方も少なくありません。

 

ここでは、TPUはどんな素材なのか、TPUスマホケースのメリットとデメリット、理想のTPUスマホケースに出会うコツについてご紹介します。

 

TPUとはどんな素材?

ソフトタイプのスマホケースをネット上で検索すると登場する「TPU」とは、具体的にどのような素材化をご紹介します。

 

熱可塑性

「TPU」とは”Thermoplastic Polyurethane”の略。

日本語では「熱可塑性(ねつかそせい)ポリウレタン」という素材です。

 

加工すると柔らかくなり、冷ますと硬くなる、常温では変形しにくい性質を持つプラスチック素材です。

 

加工しやすいためスマホケースにも最適

TPUは、加工のしやすさとコスト面で大量生産が可能です。

そのため、ソフトタイプのスマホケース素材としても多く利用されています。

 

TPUスマホケースの4つのメリット

TPUスマホケースを選ぶと得られる主な4つのメリットを紹介します。

 

丈夫

TPUスマホケースは元々柔軟なプラスチック素材のため、傷に強い特徴があります。

 

さらに、柔軟性の高さから衝撃にも強く、高いところからアスファルトなどの硬い地面の上に落としても、TPUスマホケース自体が破損することはほぼありません。

 

軽くて持ちやすい

TPU自体が軽さと柔軟性を持つ素材です。

そのため、TPUスマホケースは軽量で、スマホに装着しても重さを感じません。

 

さらに手になじみやすい柔らかさを持つために、スマホも掴みやすいメリットもあります。

 

ケースの脱着が楽

TPUは柔軟性が高いため、スマホに装着する時、外す時も適度に曲げることができます。

 

TPUスマホケースをスマホ本体につける時や、スマホ本体の汚れや傷をチェックするためにケースを外す時も、簡単に脱着できるのでストレスを感じません。

 

コストパフォーマンスが良い

TPU自体が安価で手に入りやすい素材のため、100円均一ショップでも手に入るリーズナブルなスマホケースです。

 

リーズナブルな価格ながら丈夫で扱いやすい、さらに大量生産もしやすいコストパフォーマンスの良さも持っています。

 

TPUスマホケースの3つのデメリット

TPUスマホケースを実際に使っていく上で感じやすいデメリットを見てみましょう。

 

熱に弱い

TPUは元々加熱すると変形し、冷めると固まる加工のしやすさを持つ素材ですが、この性質がデメリットになってしまうことも。

 

夏の屋外や車内など、高温になりやすい環境や暖房器具の近くに置いておくと、自然と変形してしまうことがあります。

 

さらに、加熱状態で変形中のTPUスマホケースを常温や涼しいところに移すと、変形したままの形で固まってしまうことがあります。

 

スマホ全体が厚くなってしまう

TPUをスマホケースとして採用するためには、耐久性や衝撃への耐性を高めるために、TPUを厚めに加工しなければいけません。

 

そのため、TPUスマホケースをスマホに装着すると、全体に厚みが出てしまいます。

 

TPUは手になじむ素材のため、重さや持ちやすさの面では気になりませんが、シャープなスマホのデザインが損なわれてしまうデメリットがあります。

 

黄ばむ

TPUスマホケースは柔軟性も高いため、使っている内にスマホとケースの間にゴミが入りやすく、汚れやすいデメリットがあります。

 

さらに、TPUそのものが紫外線に弱い素材のため、屋外での使用機会を重ねるごとに徐々にTPUスマホケースが自然と黄ばんでしまうことも。

 

また、TPUスマホケースにできてしまった黄ばみは洗剤でも漂白剤でも落とす事はできません。

 

OCFなら納得のTPUスマホケース作りができる

TPUスマホケースは大量生産できて、丈夫で扱いやすく、コストパフォーマンスも良いメリットがある反面、使い続けるうちに出てしまう変形や黄ばみが気になってしまうデメリットがあることが分かりました。

 

いつまでも丈夫で、黄ばみも気にならずに使えるTPUスマホケースをお求めなら「オリジナルケースファクトリー(ORIGINAL CASE FACTORY)」の利用がおすすめです。

オリジナルケースファクトリーは、品質も高いスマホケース作りができるサービスです。

 

多くのスマホ機種に対応したスマホケースを、自由に素材を組み合わせて作成可能。

初回は100個から、2回目以降なら1個から作成可能です。

 

高品質なTPUスマホケース作りが叶うため、汚れが気にならずに長期間使用できるケースを手に入れられます。

 

また、厚みがなくても耐性の高い、丈夫でスタイリッシュなTPUスマホケース作りも実現可能です。

さらに、TPUスマホケースでニーズに合ったデザインがない時でも、オリジナルケースファクトリーならオリジナルデザインのスマホケース制作ができます。

 

印刷に強みがあるため、美しいオリジナルデザインのスマホケースも作れ、TPUスマホケースのメリットいいところだけを取り入れたスマホケース作りも叶います。

 

TPUのメリットを活かしたスマホケースを作ろう

TPUスマホケースの特徴やメリット、デメリットをご紹介しました。

 

コストパフォーマンスも良く丈夫なTPUスマホケースは、スマホユーザーにとっては身近なスマホケースのひとつです。

 

TPUスマホケースの長所と短所をよく理解した上で、ニーズに合ったデザインで制作して、お気に入りのスマホケースとして末永く愛用してくださいね。

 

そのほかのスマホケース、お問い合わせ・お見積もりはこちら
original case factory
OCF編集部
OCF(オリジナルケースファクトリー)を運営するのは、オリジナルグッズ・ノベルティグッズの製作を低価格・高品質・短納期で実現する有限会社エクセル・タム。OCF編集部では、ECサイトやイベントなどの物販企画に関するお役立ち情報を随時お届けします。 オリジナルグッズ・ノベルティグッズの製作をご検討中の方は必見です。

全面印刷スマホケース
記事一覧


関連記事


人気の記事


タグ一覧

■サイトコンテンツ

・ご利用方法

・スマホケース事例集

・取扱い商品について

・対応機種

■about us

■お問い合わせ

▽電話番号
TEL:048-290-5111
(10:00~18:00 平日のみ)
エクセルタム川口工場内
オリジナルケースファクトリー
お問い合わせ窓口

▽お問い合わせフォーム
もしくは<こちらから>お問い合わせください。

■営業日カレンダー

テキスタイルの注文はこちら